沿革
昭和61年 4月 創設者の「障害があっても働くことが出来る。高い工賃を支払いたい」との想いに基づき、古い牛舎を改修して、八身ワークキャンパス創設(障害者5名)
平成 2年 4月 無認可共同作業所へ発展的移行(障がい者9名)
印刷部門を設立
平成 8年 6月 障害者53名、職員7名  法人認可を取得
平成 9年 4月 社会福祉法人 八身福祉会として開所
  身体障害者通所授産施設 八身共同印刷(定員30名)
  知的障害者通所授産施設 八身ワークショップ(定員30名)
平成12年 3月 八身ワークキャンパス改修  残っていた旧牛舎(木造)の部分を取り壊し、新たに二階建ての作業棟(鉄骨造)を建設
平成16年 6月 評議員会設立
平成18年 1月 施設内庭に倉庫(49.42㎡)を建設
平成19年12月 障害者自立支援基盤整備事業による施設改修工事
  (1階身障トイレ、1階軒下ビニールカーテン、2階会議室パーティション)
平成20年 4月 障害者自立支援法下の新体系へ移行すると同時に、無認可共同作業所八身ワークキャンパスを廃止 下記の通り事業を再編
  八身共同印刷(就労移行10 生活介護10)
  八身ワークショップ(就労移行10 生活介護25)
  八身ワークキャンパス(継続B型30)
平成22年 3月 就労移行支援事業より、初めての就職者誕生(男性 1名)
平成22年 4月 現状に合わせ、利用定数に関して事業変更を行う
  八身共同印刷(就労移行14 生活介護6)
  八身ワークショップ(継続B型25 生活介護10)
  八身ワークキャンパス(継続B型30)
平成23年10月 駐車場舗装工事完了(720㎡)
東近江コミュニティーバス(ちょこっとバス)駐車場内進入開始
平成24年 4月 組織変更に伴い、八身ワークキャンパスを休所、2事業所体制へ変更
  八身共同印刷(就労移行10 継続B型30)
  八身ワークショップ(生活介護10 継続B型30)
平成26年 4月 第1次将来構想スタート
平成29年 4月 葉菜屋 開所(就労継続支援B型事業 20名)